東建住宅サービス

千葉県市原市泉台 リフォーム工事 屋根・壁塗装工事 カーポートポリカ交換工事 スレート屋根棟包板金修復工事 事例【東建住宅サービスのリフォーム事例紹介】

2021年6月9日 | Admin

雨樋が雪の重みにより沈み勾配不良、屋根棟包板金及びカーポートのポリカ屋根が台風で飛ばされて破損。
自然災害の為、お客様のご加入されている火災保険を適用し、雨樋を交換ではなく勾配調整(お客様のご要望)ですまし、カーポートポリカ交換、棟包板金修復、雨樋は交換していない為、保険金が残ったので屋根及び外壁を塗装にて仕上げました。
お客様の自費用は少額で行う事が出来ました。

火災保険の損害保険金を活用してのリフォーム工事

※メリット
保険金を塗装費用に回したので自費用は最小限に出来ました。
※デメリット
保険請求をした損害箇所を交換ではなく調整で済ませているので雨樋の強度が弱い。
雨樋交換していないので次に雨樋に損害を受けても請求しても保険金はおりません。

保険金の使う用途はお客様の自由ですのでこの様なケースもあります。保険会社側からすると、直さない方が次に何か損害が起きても、直していない部分については保険金の支払いをせずに済むので好都合です。
火災保険の掛金はそれでも払わなければなりませんので。

上記の様な活用方法もありますので、気になる事がございましたらお気軽に東建住宅サービスまでお問い合わせ下さい。